地震を予報することができれば被害を無くせる

男性

多くのサイトが提供

地震の予測情報を提供してくれる研究者が近年増えてきています。いつ発生してもおかしくない大きな地震に関する情報を得ることで、防災意識を高めることができるのです。あくまでも参考程度であることが大切ですが、情報を意識することで被害を最小限に食い止めることができます。

日本に住むなら

作業員

大雨や大雪による災害は、天気予報によってある程度事前に知ることができ、前もって対策をしておくことができます。今まで予測できなかったゲリラ豪雨にしても、より細かく正確に天候を把握できる衛星を活用することで、予報しやすくなっています。一方、地震は予測の研究は進められてはいますが、現時点で地震を前もって予報をすることは不可能です。現在、地震において可能なことは震源地で起きた揺れを観測した時点で各地に報告することです。各地に揺れが到達するまでに数秒かかるので、その間にアクションすることができます。といっても、時間は数秒しかありませんので、多くのことはできません。机の下に隠れたり、倒れそうなものから離れたり、ガスや電気を切っておく程度しかできませんが、被害を抑えるためのアクションをするためには十分な時間です。

地震は天気と違って予報しづらいものです。なので、いつ地震が来ても対応できるように用意しておくことが大切です。大きな地震が来ると、電柱が折れたりガス管が割れたりすることもあります。そのため、電気やガスが届かなくなることを想定しなくてはなりません。また、道路が分断されるために物資が届かなくなることもあります。電気やガスが復旧し物資が届くまでの間、自分たちで自分たちの食料を用意しなければなりません。電気やガスを使わなくても食べられるものがよく、最低限3日分の食料と6リットル程度の水は準備しておきます。また、災害時には情報収集が欠かせません。ラジオも用意しておくと自信に関する情報や被害時の状況などがわかるようになります。

おすすめ関連リンク

  • 予知するアンテナ

    地震の予報に興味があるならこちらを確かめてみるといいでしょう。気になる人はここのサイトを参考にしてみよう。

防災に関する知識

関東地震は、近々発生する可能性が高いと予測されています。人口の多い関東で、大地震が起こった場合、その被害は甚大なものになることが考えられます。その時に、災害から身を守るのは自分自身です。そのことを認識し、日頃から防災に関して注意を払うようにしましょう。

日ごろから防災対策を

日本は地震が多い地域ですが、地震予想の技術は進歩しており、徐々に精度が上がってきています。しかし、まだ完全ではないので、予想だけに頼らず、日ごろから防災意識を高め、防災グッズを準備しておくようにしましょう。

いち早く危険を察知!地震予報で最悪の事態を回避